ここから本文です

世界で1番人気の絵文字は「笑い泣き」 今や共通語…日本の1位は? ランキングにお国柄 ツイッター発表

withnews 7月16日(土)6時30分配信

 今では世界共通語となった「emoji」。ツイッター上で最も使われている絵文字は「笑い泣き」でした。コーヒーの絵文字よりもビールが人気で、「見猿・聞か猿・言わ猿」のうち、一番使われたのは「見猿」。意外な「emoji」の使われ方が明らかになりました。

【フォトギャラリー】世界の共通語になった「絵文字」 日本で一番人気は?

7月17日は「World Emoji Day」

 調査結果は「World Emoji Day」になっている7月17日に合わせて、ツイッター社が発表しました。

 「顔部門(FACES)」では「笑い泣き」の次に「ハート目」が入り、3位は「大泣き」でした。ちなみに日本で一番使われている絵文字は「大泣き」でした。

 「手のジェスチャー(HANDS)」部門では「普通の拍手」が1位、「合掌拍手」が2位、「OKサイン」は3位でした。

 「食べ物(FOODS)」部門で一番多く使われていたのは「ケーキ」。2位は「ピザ」、3位は「イチゴ」でした。

アメリカの辞書にも収録

 日本発祥の絵文字は「emoji」として、世界中に広まっています。

 2015年、アメリカを代表する英語辞書メリアム・ウェブスターが「emoji」を収録しています。2015年春には、オバマ米大統領が安倍晋三首相を歓迎した式典で、米国の若者が好きな日本のものは「カラオケ、アニメ、エモジ」と日本語で紹介したことが話題を呼びました。

 世界で最大の英語辞典であるオックスフォード英語辞典は2015年、「今年の単語大賞(ワード・オブ・ザ・イヤー)」に「emoji」を選んでいます。

 ゼネラル・モーターズ(GM)は、セダン「シボレー・クルーズ」の新型モデルの広告に「emoji」を活用。ニューヨークのど真ん中、世界で知られる繁華街「タイムズ・スクエア」の巨大なスクリーンに、顔の表情をデザインしたかわいい絵文字を登場させました。

iPhone採用で普及

 日本では、携帯電話の普及に伴って1990年代の後半から絵文字が使われていました。アメリカで絵文字が多用されるようになったのは、ここ1年ほどのこと。それまでは携帯メールでも「カッコ」や「コロン」を組み合わせて顔文字などをつくるのが一般的でした。

 約5年前にアップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」の辞書に絵文字が取り入れられ、じわりと広がりました。

 「emoji」に注目が集まるのは「ミレニアルズ」と呼ばれる若者をターゲットにしたい企業の狙いがあると言われています。

 絵文字をデザインして提供をする会社を経営するオリバー・カミロ氏は朝日新聞の取材に「ネット上では企業などの広告があふれていて、利用者はそれにうんざりしているが、絵文字だと押しつけがましくなく、自然に受け入れられる部分がある。米国ではもっと普及するのではないか」と話しています。

 発祥の国としては、ちょっと誇らしい気分になりますが、「emojiは日本生まれ」と認識しているかは微妙です。「emotion(感情)」から派生して生まれた言葉だと思っている人も多いようです。

最終更新:7月16日(土)6時30分

withnews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]