ここから本文です

ブリヂストンサイクル、両輪駆動の子乗せ電動アシスト自転車を発売

レスポンス 7月16日(土)13時45分配信

ブリヂストンサイクルは、「bikke(ビッケ)シリーズ」から両輪駆動の電動アシストシステム「デュアルドライブ」を搭載した子乗せ電動アシスト自転車「bikke GRI(ビッケグリ)」を9月下旬から発売する。

[関連写真]

新型車は「ママにもパパにもフィットする」子乗せ電動アシスト自転車として開発した。

前輪24インチ、後輪20インチと前後輪でタイヤサイズが異なるフレームに、独自開発した両輪駆動の電動アシストシステム「デュアルドライブ」を搭載した。 デュアルドライブは、カーボンベルトの優れたメンテナンス性と、両輪駆動によるパワフルな走行性能が特徴。

2つの駆動による力強い走りで、ふらつきやすい路面や、登り坂でも、安定して走行できる。また、少ない力でブレーキをサポートする「ブレーキアシストシステム」を、子供2人乗せての下り坂でも、レバーを強く握り続けることなく楽に減速できる。

また、前後輪でタイヤサイズが異なるフレームは、扱いやすさと、アクティブなルックスを実現する。前輪は24インチにすることで、直進安定性と段差走破性に優れ、安定して走行でき、ルックスにおいても、直線フレームと組み合わせることで、アクティブなイメージを演出する。

後輪は20インチにすることで、リヤチャイルドシートが低くなり、子供の乗せ降ろしをしやすくした。

今回は、定番カラーのホワイトとダークグレーに加えて、森林・海・大地といった「自然」をテーマにしたアクティブなカラー3色を加えた計5色を設定する。

年間販売計画は9000台。価格は13万3800円(消費税抜き)。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7月16日(土)13時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。