ここから本文です

斎藤工が『HiGH&LOW』続編映画出演!TAKAHIROと登坂広臣の兄役に!

cinemacafe.net 7月16日(土)13時7分配信

映画『HiGH&LOW THE MOVIE』が7月16日(土)に公開を迎え、そのエンディングで続編映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』の公開および、新キャストとして雨宮兄弟の長男・尊流(たける)役を斎藤工が演じることが発表された。

【写真】『HiGH&LOW THE MOVIE』舞台挨拶の様子

「EXILE」のHIROが企画プロデュースを務め、2シーズンにわたるTVドラマに続く劇場版として公開された本作。この日は、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡の5都市の劇場を各出演者が訪れ、舞台挨拶の模様を同時中継するという異例の試みも行われた。

東京会場には登坂広臣、佐藤寛太、今市隆二、大阪にはAKIRAと小澤雄太、名古屋には岩田剛典と山本彰吾、札幌には早乙女太一と地元の北海道出身の青柳翔、福岡にはTAKAHIROと八木将康が足を運んだ。

第2弾『HiGH&LOW THE RED RAIN』に関しては、本作のエンドロールで、TAKAHIROさんと登坂さんが演じる雨宮兄弟がようやく探していた長兄を見つけるというシーンが描かれ、長男・尊龍として最後の最後で斎藤さんが姿を見せ『HiGH&LOW THE RED RAIN』の公開が告知された。同作は、この雨宮兄弟の3人を中心にした物語となっており、10月8日(土)に公開となる。

福岡の舞台挨拶に登壇したTAKAHIROさんは、斎藤さんが長兄を演じるということについて「そうなんですよ」とニッコリ。「謎に包まれた雨宮兄弟の過去、いまを掘り下げていく『HiGH&LOW THE RED RAIN』をお楽しみに!」とアピール。撮影はほぼ終了したようで、これから編集作業となるがTAKAHIROさんは「海外ロケでフィリピンに行きました」と明かし「1か月くらい、登坂と一緒でプライベートでも家族以上に一緒にいて、本当の兄弟なんじゃないかと思いました」とノリノリで語り会場をわかせていた。

この日は、5大都市での舞台挨拶を同時中継するということで、各会場は大盛り上がり。メンバーは途中、本作に関わるクイズに挑戦するなど、殺気立った映画の中とは打って変わって、和気あいあいとしたムードに包まれていた。

東京会場の登坂さんは、印象深いシーンとして、ELLYとのタイマンでの戦いを挙げ「ずっと稽古を積んで、本当にぶつかり、ムカつきながら、でも怪我しないようにアイコンタクトを取りながら撮影しました。ELLYはボクシングをやってたから、当たったらただじゃ済まないので(笑)」と撮影の苦労を振り返っていた。

なお、この日から18日(月・祝)までの3日間で、36名のキャストが全国47都道府県の143劇場を回る舞台挨拶を敢行! 各劇場に誰が来るかは当日まで秘密となっており、登壇陣の総移動距離は27,440キロメートルに及ぶことになるという。

『HiGH&LOW THE MOVIE』は公開中。

『HiGH&LOW THE RED RAIN』は10月8日(土)より公開。

最終更新:7月16日(土)13時7分

cinemacafe.net