ここから本文です

離婚から2年…中山美穂、久々ドラマ復帰 年下・竜星涼を自分好みに調教

シネマトゥデイ 7月16日(土)8時0分配信

 女優の中山美穂が、谷崎潤一郎の「痴人の愛」になぞらえ一人の女性が親友の息子を20年の歳月をかけて“自分好みの男”に調教していくWOWOWドラマ「連続ドラマW 賢者の愛」で、約2年ぶりのドラマ主演を果たす。放送期間中に辻仁成との離婚を発表した主演ドラマ「プラトニック」(2014)以来、久々のドラマ出演となる。

 本作は直木賞受賞作家・山田詠美の著作「賢者の愛」を映像化した、愛と復讐と欲望にまみれた愛憎劇。中山ふんする美しく賢い女性・高中真由子は、25歳年下の青年・澤村直巳とひそかな逢瀬を重ねていた。だが真由子にとって直巳は、親友の朝倉百合(高岡早紀)と真由子の初恋の人の澤村諒一(田辺誠一)の息子という存在。それにもかかわらず真由子が彼と関係を保つ理由には、「彼を復讐の道具として仕立てあげる」という目的があった。真由子に翻弄される直巳役は、「獣電戦隊キョウリュウジャー」でブレイクした竜星涼が務める。

 映画『東京タワー』の源孝志が監督する本ドラマで、WOWOWドラマデビューとなった中山は、「山田詠美さん原作の『賢者の愛』に参加させていただくことになり、とてもうれしく思うとともに、身が引き締まる思いです」とコメント。源監督とのタッグを含め初尽くしとなるが、「この機会を与えていただけたことを光栄に思います」と明かす。また見どころについて語る際には、「危うくも濃密な愛憎劇は、わたしの中の色々な感情を刺激しています」と意味深な発言が飛び出すことも。

 原作者の山田は中山に主演が決まったことに、「美しいラブシーンになるでしょうね」と期待。「どうにもならない人間の激しい業と、もの哀しさを存分に演じていただきたいです」と楽しみにしている様子を見せている。(編集部・井本早紀)

「連続ドラマW 賢者の愛」(全4話) 8月20日夜10時よりWOWOWプライムにて放送

最終更新:7月16日(土)8時0分

シネマトゥデイ