ここから本文です

【RIZIN】9・25無差別級GP開幕戦で藤田和之vsバルト

イーファイト 7月16日(土)19時8分配信

 9月25日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント』の記者会見が、7月16日(土)都内にて行われた。

【フォト】プロハースカのワンツーをくらい、立ったまま意識を失う藤田

 トーナメント1回戦で、藤田和之(フリー)vsバルト(エストニア)の対戦カードが決定。12月29日(木)に開催されるセカンドラウンド(トーナメント準々決勝)の日本代表枠を懸けた一戦として行われる。

 昨年大みそかのMMA(総合格闘技)デビュー戦以来の試合出場となるバルト。一時期、テレビ出演が増え、高田延彦RIZIN統括本部長から「いつリングに戻ってくるのか」と心配されていたが、約10カ月ぶりの参戦が決まった。

 試合期間は空いているが、バルトは「今年の初めからずっと練習していて、調子は悪くはないです」と、来るべき参戦に備えていたと言う。「藤田選手のことはあまり気にしないで、練習していることをリングの上で出せるようにしたいと思います」と落ち着いた様子で意気込みを語った。

 一方の藤田は今年4月の『RIZIN.1』に参戦するも、イリー・プロハースカに1R失神KO負け。今回が再起戦となるが、45歳という年齢を意識してか、「自分に残された時間、そして今回与えられたチャンスに感謝しつつ、精一杯の覚悟を持って、行きつくところまで行こうと思っています」と、強い覚悟を持ってトーナメントに臨むと言う。 

 対戦相手のバルトについては「サイズ、スキルともに良いものを持っています。大きい体であれだけ動けるのだから。そしてノビシロ、可能性というものは、今回のトーナメント出場選手の中で一番あるのではないかと思っています」と高く評価。「飲み込まれないように、全身全霊、覚悟を持って臨みます」と、全力勝負を挑むと誓った。

最終更新:7月16日(土)19時16分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]