ここから本文です

ソン・ガンホが政府に立ち向かう「弁護人」予告公開、ZE:Aシワンも出演

映画ナタリー 7月16日(土)10時0分配信

「殺人の追憶」のソン・ガンホが主演を務める「弁護人」の公開日が11月12日に決定。あわせて本作の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「弁護人」は、1981年に軍事政権下の韓国で実際に起きた「釜林(プリム)事件」を題材にしたヒューマンドラマ。売れっ子税務弁護士のソン・ウソクが、不当に逮捕されたクッパ店の息子ジヌの弁護を引き受けたことをきっかけに、人情派弁護士へと変わっていくさまを描く。ソン・ガンホがソン・ウソクに扮し、男性アイドルグループZE:Aのメンバーであるイム・シワンがジヌを演じている。

予告編には、ジヌの無罪を勝ち取るべく、ソン・ウソクが1人奮闘する様子が映し出されていく。また、拘置所での厳しい取り調べによって変わり果てたジヌの姿も。

なお「弁護人」は、東京・新宿シネマカリテにて開催される「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」で、8月6日に上映されることが決定している。



(c)2013 Next Entertainment World Inc. & Withus Film Co. Ltd. All Rights Reserved.

最終更新:7月16日(土)10時0分

映画ナタリー