ここから本文です

ビアガーデン女子は「ビール以外」が重要なのだ…意識&実態調査

レスポンス 7月16日(土)18時45分配信

3回は行きたい!…レストラン予約サイトのオープンテーブルは、全国の20~49歳のビアガーデン好きな「ビアガーデン女子」312名に、「ビアガーデンに関する意識実態調査」を実施した。

[今年ビアガーデンに行きたい回数]

ビアガーデンに行きたい回数はシーズン中「3回」とするビアガーデン女子が増加傾向にあり、利用シーンは“プライベートオンリー”が増えている。そしてビアガーデン女子は、ビールを求めてビアガーデンに行くのではないことが明らかになった。

まず、今年は何回ビアガーデンに行きたいかを尋ねたところ、「3回」は行きたいとする女子が増加傾向にあり、20代前半では「3回」希望が約3割になった。

「昨年」ビアガーデンに行った回数は「1回」が50.6%で最多で、「今年」行きたい回数も「1回」が42.3%で最多回答となった。今年の希望と昨年の実績とを比較すると、「1回」は8.3ポイント減少し、「3回」は10.0ポイント増加して約5人に1人(19.9%)が「3回」行きたいと考えている。特に20代前半では「3回」の回答が他の年齢層に比べて多く、「1回」が44.2%から38.5%に減少し、「3回」が15.4%から28.8%に増加した。

ビアガーデン利用シーンは、“プライベートとビジネスのダブルシーン”より“プライベートオンリー”が好まれる傾向にある。今までに行ったビアガーデンの利用シーンは、1位が「友達との飲み会」(66.3%)、2位「会社の飲み会」、3位「女子会」、4位「デート」。一方、今年行きたいと思うシーンは、「友達との飲み会」(67.9%)が最も多く、次いで「女子会」、「会社の飲み会」、「デート」。昨年2位の「会社の飲み会」と3位の「女子会」が今年は入れ替わった。「会社の飲み会」は9.9ポイント減少し、それ以外は上昇している。

ビアガーデンを選ぶ決め手を尋ねたところ、ビアガーデン女子は、むしろ「ビール」以外の要素が決め手になることが明らかになった。決め手として最も多くの人が回答したのが、「雰囲気」(77.2%)、2位「価格」、3位「立地条件」、4位「料理の種類の豊富さ」、5位「ビール以外の飲みものの種類の豊富さ」、そして同率5位で、ようやく「豊富なビールの種類」がランクインした。

今年の1人当たり1回の予算は「3,000円以上4,000円未満」が最多回答。昨年使った金額で最も多かった回答も「3,000円以上4,000円未満」で、予算・実績ともに金額が増えるとおおむね回答数が減り、リーズナブルな価格で気軽にビアガーデンを楽しむ傾向は続く。


調査概要
●調査期間:5月26日(木)~27日(金)
●調査対象: 今までビアガーデンに行ったことがあり、かつ昨年もビアガーデンに行った、ビアガーデンが好きと回答した20~49歳の女性…312名
●調査地域: 全国
●調査方法: インターネット調査(株式会社マクロミル)

《レスポンス 高木啓》

最終更新:7月16日(土)18時45分

レスポンス