ここから本文です

【特別映像】ソン・スンホン「演じた中で1番コミカルな役」…『ミス・ワイフ』メイキング入手

cinemacafe.net 7月16日(土)17時0分配信

華麗なるキャリアウーマンだった独身(ミス)弁護士が、まさかの“ワイフ”になるハートフル・ラブコメディ『ミス・ワイフ』。このほど、主演のオム・ジョンファや待望のラブコメ出演となったソン・スンホンらのコメントも収録した「ミス・ワイフ 人生逆転 製作記」と題したメイキング映像が、シネマカフェにて解禁となった。

【画像】『ミス・ワイフ』家族写真

勝訴率100%、高給取りの独身敏腕弁護士ヨヌ(オム・ジョンファ)は、夢にまで見たニューヨーク本社転勤の辞令が下りる直前に、不慮の交通事故に遭ってしまう。生死の境をさまようヨヌの前に現れたのは、怪しげな男、イ所長 (キム・サンホ)。彼はヨヌに、ひと月、他人の人生を生きれば、元に戻すと提案する。ただし、誰にも正体を見破られてはいけないという条件付き。目を覚ました彼女に訪れたのは、2人の子持ち主婦のまるで戦争のような日常! 町内の主婦連中との嵐のような井戸端会議に、1枚35ウォンの紙袋折りの内職まで。青天の霹靂のごとき真逆人生にパニックに陥るヨヌ。しかし、かつての敏腕弁護士の属性を捨てきれないヨヌは、突発的な行動を繰り返す。地方公務員の夫ソンファン (ソン・スンホン)と子どもたちは、訳も分からないまま彼女の変化にうろたえ始めるが…。

恋愛も結婚も “百害あって一利なし”と信じるキャリアウーマンが、1日にして誰かの妻にして母となり、180度逆転した人生を生きることになる姿を、軽快なタッチとユーモアで描き出す本作。

今回は、そんな本作からキャストや監督のインタビューも交えたメイキング映像が到着。ハンサムキャラはそのままに、かつてないマイホームパパ役に挑戦したソン・スンホンは、「僕が演じたのは平凡で善良な愛妻家です。いままで演じた中で一番、コミカルなキャラクターでした。自分のイメージを打ち破りたかった」とコメント。また、彼と初共演を果たしたオム・ジョンファは「スンホンさんは意外な場面で笑わせてくれます。素晴らしい配役です!」と絶賛し、カン・ヒョジン監督も「自然体で演じるスンホンさんを撮れば、共感してもらえると思いました」と確かな手ごたえを語っている。


さらにメイキング映像には、撮影現場でのNGシーンも収録。笑いの絶えない現場だった様子で、家族とじゃれ合うオム・ジョンファやソン・スンホンを中心としたキャストのオフショットも満載。これには、生死の境をさまようヨヌの前に現れるイ所長を演じたキム・サンホも「家族同士でじゃれあう姿が楽しそうでした」と、羨ましそうに(?)ふり返っている。

なお、現在、本作の特典付き前売り券が発売中。先着、数量限定でオリジナルA4クリアファイル、ポストカードセットのどちらか1種がプレゼントされる。

『ミス・ワイフ』は8月13日(土)よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開。

最終更新:7月16日(土)17時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。