ここから本文です

「SW ローグ・ワン」ダイナミックな戦闘シーン満載のメイキング映像が公開

映画.com 7月16日(土)13時53分配信

 [映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ」シリーズの新作「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のメイキング映像が7月15日(現地時間)、英ロンドンで開催中のファンイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション ヨーロッパ」で公開された。大規模な爆破やダイナミックな戦闘シーン、宇宙船内の様子などが次々と映し出され、クライマックスでの主人公ジン・アーソのセリフ「May the force be with US(フォースと共にあらんことを)」が本編への期待をあおる映像だ。

 プレゼンテーションに登壇したギャレス・エドワーズ監督は、今作の世界観について「ファンにとって、ストーリーや時代背景はどこかなじみがあるけれど、ビジュアル的には非常に斬新なものを目指している」と説明。メイキング映像に映し出されるアンドロイドや、衣装・建造物からその意図が垣間見える。あわせてお披露目された新ビジュアルでは、南国を思わせる惑星のビーチで、反乱軍とストームトルーパーが一戦交える様子が収められ、宇宙要塞デス・スターが空全体を覆い尽くしている。

 今作では、名悪役ダース・ベイダーの登場が大きな話題を呼んでおり、大のスター・ウォーズファンであるエドワーズ監督が、昨年12月に行ったジェームズ・アール・ジョーンズのアフレコを、「『パワー』って声を聞いた時、僕はオタク的な絶頂に達したよ」と声マネを交えて振り返ると、会場から爆笑が起こった。

 「エピソード3 シスの復讐」と「エピソード4 新たなる希望」をつなぐ物語として、デス・スターの設計図を帝国軍から奪取する危険なミッションに挑む反乱軍の仲間たちを描くというストーリー。一匹狼なヒロインのジンを演じるフェリシティ・ジョーンズは、「ルークやレイと違う点は、ジンは自分が何者であるのかを探しているわけではなく、最初から自分が誰であるのかわかっているところ。どんな人間であり、どんな過去を背負っているかが、ジンの運命を形づくっていくことになるの」と解説した。

 プレゼンテーションでは、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」でキャプテン・ファズマを演じた女優グウェンドリン・クリスティーが司会を務め、ルーカスフィルム社長でプロデューサーのキャスリーン・ケネディを筆頭に、エドワーズ監督、主演のジョーンズ、共演者のディエゴ・ルナ、ドニー・イェン、フォレスト・ウィテカー、マッツ・ミケルセンら国際色豊かな主要キャストがそろい、帝国軍の士官オーソン・クレニックを演じるベン・メンデルソーンは劇中衣装の白い軍服姿で登場し喝采を浴びた。また、会場に集まった4000人のファンたちだけに特別映像が披露され、ダース・ベイダーのシルエットとおなじみの呼吸音が映し出されると大歓声が沸き起こった。

 「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」は12月16日公開。

最終更新:7月16日(土)13時53分

映画.com