ここから本文です

<岩田剛典>地元・名古屋凱旋でファン熱狂 悲鳴のような歓声も

まんたんウェブ 7月16日(土)13時37分配信

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」の岩田剛典さんが16日、地元・名古屋で行われた映画「HiGH&LOW THE MOVIE」(久保茂昭監督)の初日舞台あいさつに登場。“地元凱旋”となった岩田さんがメガネをかけた姿で、観客からの「おかえりー!」という声援に「ただいま!」と応えて笑顔を見せた。

【写真特集】岩ちゃんが可愛すぎる! めがねを外しちゃうサービスも

 この日の舞台あいさつは、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡の映画館で行われ、その様子がそれぞれの会場で同時生中継された。各地に「EXILE」のメンバーなど出演者らが集結し、順に映画の見どころや裏話を語ったほか、映画にちなんだクイズも行われた。

 上映後の舞台あいさつとあって、名古屋の映画館に集まったファンは、舞台あいさつ開始前から熱気ムンムン。各地のメンバーがスクリーンに登場すると大歓声が上がり、岩田さんと「RAMPAGE」の山本彰吾さんが会場に姿を現すと、悲鳴のような歓声が飛んだ。

 岩田さんは中継を行いながらも、終始、目の前のファンにも気を配り、クイズのシンキングタイムに、ファンとともに答えを考えながら、話しかけるなどして交流。中継後には「(舞台あいさつが)短すぎますよね。2時間ぐらいしゃべっていいですか?」と言ってファンを喜ばせ、「泣けました!」という声には「ありがとうございます!」と?を緩ませていた。

 また「(6月に公開された主演映画の)『植物図鑑』とは(今回は)真逆の役。新しい一面を見ていただけるのがうれしい」と話し、去り際にかけていためがねを外して大サービスし、ファンを熱狂させた。

 この日、東京の会場には登坂広臣さん、佐藤寛太さん、今市隆二さんが登場し、大阪はAKIRAさん、小澤雄太さん、札幌は青柳翔さん、早乙女太一さん、福岡はTAKAHIROさん、八木将康さんが登場した。

 「HiGH&LOW」は、ドラマや映画、マンガ、ライブなどが連動したプロジェクトで、「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」の五つのチームが拮抗(きっこう)するSWORD地区を舞台に、男たちのプライドをかけた壮絶な戦いや仲間との友情、絆などを描いている。

1/2ページ

最終更新:7月16日(土)16時36分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。