ここから本文です

キム・ハヌルが原江里菜に肉薄!パター変更が奏功

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月16日(土)18時2分配信

国内女子ツアー「サマンサタバサレディス」2日目、キム・ハヌル(韓国)が5バーディ、1ボギーの「68」(パー72)でプレーして、通算6アンダーとし、首位の原江里菜を2打差で追う2位で最終日を迎える。

【画像】ハヌルとミジョンが抱擁?/「サマンサタバサレディス」フォトギャラリー

最終組の2組前からティオフした1番。残り140ydからの第2打はピンまで約9mの距離につけた。このロングパットを沈めて勢いに乗ると、3番(パー5)では2m、7番では4mを沈め、この日5つのバーディを奪ってホールアウトした。

2週前のオープンウィークから、後半戦に向けてパッティングストロークのスタイルを変更した。具体的にはテークバックを大きめにとり、ヘッドの重さを利用して球の転がりを良くするというもの。

さらに今週はこれまで使用していた『オデッセイ ミルドコレクションパター プロトタイプ』から『オデッセイ MILLED COLLECTION ミルドコレクション RSX パター #001』に変更したことも奏功。「きょうもきのうも(パッティングに)助けられた」と、この日のパット数「25」で最少パット数タイとした。

今季13試合に出場し優勝1回、トップ10を外したのは3度のみで賞金ランクは3位につける。「あしたはパッティング次第。入れば勝負できる」。前週の「ニッポンハムレディス」では惜敗2位で逃した今季2勝目を、迎えたチャンスで取り返したい。(茨城県阿見町/糸井順子)

最終更新:7月16日(土)21時8分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]