ここから本文です

ボロの積極補強続く 今度はバレンシアからDFバラガン獲得

ISM 7月16日(土)11時43分配信

 現地時間15日、今季からイングランド・プレミアリーグを戦うミドルズブラがバレンシア(スペイン)からDFアントニオ・バラガン(29)を獲得したことを発表した。契約期間は3年。

 18歳でセビーリャ(スペイン)からリヴァプール(イングランド)へ移籍したバラガンだが、公式戦出場はわずか1試合に終わり、19歳だった2006年8月にデポルティーボに加入。その後、バリャドリー、バレンシアとスペイン各クラブに在籍し、バレンシアでは100試合以上に出場した。

 アイトール・カランカ監督はバラガンの獲得に際し、クラブ公式HP上で「我々がよく知る選手であり、チームにとって良いプラスになる」「リヴァプールにいたからイングランドのことも知っているし、この契約をうれしく思う」と歓迎した。

 “ボロ”の愛称で親しまれるミドルズブラは、新シーズンに向けて積極的な補強を続けており、すでにGKビクトル・バルデス、FWヴィクトル・フィッシャー、DFベルナルド・エスピノサ、MFマルテン・デローン、DFジョーダン・マクギーを獲得。英メディアはDFニーヴェン・スボティッチとMFガストン・ラミレスも加入予定と伝えており、戦力増強でトップリーグでの戦いに臨む。

最終更新:7月16日(土)11時43分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。