ここから本文です

TETSUYA、新作Music Clip2タイトルのYouTube視聴開始

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月16日(土)14時25分配信

今年ソロデビュー15周年を迎え、約6年ぶりとなるソロプロジェクトを再始動したTETSUYA(L’Arc~en~Ciel)。

【詳細】MVはこちら

そのTETSUYAが、ユニバーサルミュージック/EMI Recordsからの第1弾リリースとなるニューシングル2タイトル「Make a Wish」「Time goes on ~泡のように~」(ともに9月7日発売)の新作Music Clip(Short ver.)の動画視聴(YouTubeほか)を開始した。

約6年ぶりの新曲となる、TETSUYA最新チューンの痛快なPOPナンバー「Make a Wish」と、キャリア史上初となる、ラルクの名曲をセルフカヴァーした「Time goes on ~泡のように~」。L’Arc~en~Cielのリーダー、ベーシストとして、そして数多のヒットチューンを手掛けるトラックメーカーとして手腕を振うTETSUYA。その多彩な才能をいかんなく発揮した2作それぞれの、異なるサウンドスケープを映像化した秀逸のMusic Clip作品が完成。

「Make a Wish」では、モノトーンのクールな色彩の中で展開する迫真のパフォーマンスが異空の映像世界へといざなう。ここは“まだ誰も知らない道の先”なのか!? 天地が同居する広大な荒野に降り立ったTETSUYA。大地を踏みしめ、何かを探し求め流浪する。重く立ち込めた曇天の空を突き抜けんばかりに願いを込めシャウトする。壮大なロケーションで放たれるTETSUYA渾身の“Wish!”。無色に統一された衣装を身に纏ったバンドメンバーとともにハジけたパフォーマンスを披露する白熱の演奏シーンも必見だ。

一方、「Time goes on ~泡のように~」では、情感豊かに歌い上げるTETSUYAを一台のカメラが追い続ける。夜明けを迎える街の中、薄明かりに照らされ、浮かび上がるシルエット。ひとり佇むTETSUYAが切々と歌いだす。淡く儚い想いを嫋やかなメロディに載せ、徐々に熱情を帯びるTETSUYAの歌唱とともに黎明の時空へと昇華していく。壮大なサウンドスケープと映像世界が融合した、切なくも力強い作品となっている。

なお、本作Music Clipは、9月7日発売ニューシング2タイトルそれぞれのグッズ付数量限定盤ならびに初回限定盤Aの特典DVDに収録(※初回限定盤Aには、さらに未公開のメイキング映像も収録予定)。要チェックだ。

リリース情報
2016.09.07 ON SALE
SINGLE「Make a Wish」

2016.09.07 ON SALE
SINGLE「Time goes on ~泡のように~」

ライブ情報
TETSUYA LIVE TOUR 2016 「THANK YOU」
10/03(月) 東京・赤坂BLITZ
10/05(水) 大阪・BIGCAT
10/06(木) 愛知・名古屋 ダイヤモンドホール

TETSUYA OFFICIAL WEBSITE
http://www.TETSUYA.UK.com

L’Arc~en~Ciel OFFICIAL WEBSITE
http://www.LArc-en-Ciel.com

最終更新:7月16日(土)14時25分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。