ここから本文です

「Pokemon GO」のおかげでARメガネがいよいよ普及する?

ITmedia PC USER 7月16日(土)6時25分配信

 7月6日に米国などで公開されたスマートフォン用ゲーム「Pokemon GO」が世界的に注目を集めています。日本ではまだ公開されていませんが、週後半には午後の主婦向けテレビ番組でも紹介されるようになり、公開後には社会現象を巻き起こすでしょう。日本ではまだ使えないのに、情報だけでお腹いっぱいな気分です。

【画像】今となっては懐かしい「Google Glass」。Pokemon GOはARメガネ普及の起爆剤になるか

 急に人気が出るものの常で、問題点もいろいろ指摘されています。その1つは歩きスマホ。画面上の地図に夢中でポケモンを探しながら歩くのは、普通の歩きスマホよりさらに危険が高まりそうです。

 そこで多くのユーザーが考えるのが、「スマホじゃなくて、AR(拡張現実)メガネで遊べるようにしてほしい!」ということではないでしょうか。

 実際、(会社の)ポケモンがYouTubeで公開しているデモ動画では、まるでARメガネ越しのごとく、リアル世界でポケモンが走り回っています。

 実は、Pokemon GOを共同開発したNiantic Labsのジョン・ハンケCEOが、Business Insiderという米国メディアのインタビューで「将来的には専用のARデバイスが出るかもよ」と予告しています。

 NianticにはGoogleも出資しているので、ここは「Google Glass」をベースにした外で装着していてもあまり恥ずかしくないデザインのARメガネを是非出してほしいところです。

 Google Glass、2012年の発表は早すぎました。今ならPokemon GOがキラーアプリとなって、ARメガネ的なものが街に溶け込みそうです。

最終更新:7月16日(土)6時25分

ITmedia PC USER

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。