ここから本文です

<お笑いハーベスト大賞>「トンツカタン」が優勝 結成4年目のトリオに栄冠

まんたんウェブ 7月16日(土)21時4分配信

 日本音楽事業者協会(音事協)主催のお笑いコンテスト「あなたが選ぶ!お笑いハーベスト大賞2016」が16日、東京都内で行われ、プロダクション人力舎に所属する結成4年目のお笑いトリオ「トンツカタン」が優勝した。メンバーにはトロフィーと賞金50万円が贈られ、唯一結婚しているメンバーの菅原好謙さんは「これを機に女房の扶養から外れたい」「若手でお金がないので大金がもらえるのはうそみたい。ただただうれしい」と喜びを爆発させた。

【写真特集】審査員に“アモーレ”平愛梨も 大会の様子

 トンツカタンは菅原さん、森本晋太郎さん、櫻田佑さんの3人組。普段はアルバイト生活だといい、賞金50万について森本さんは「バイトを減らして来月あたり優雅な生活をしてみたい」と願望を語った。3人で賞金を分けることから“端数の行方”も聞かれ、菅原さんは「まだこの2人から(結婚の)ご祝儀をいただいていないので、それに代えていただくというのは……」と提案するも、櫻田さんは「ご祝儀は別で払います」、森本さんも「ネタを僕が書いているので、いったん僕が預かります」と却下していた。

 また、今後の目標を聞かれると、森本さんは「他の賞レースもいいところまで行きたい。我々はコントをやっているので、『キングオブコント』とか。ハーベスト(大賞)の覇者をひっさげて、ハーベストの顔に泥を塗らないようにいい結果を出したい」と語っていた。

 同コンテストは、有望な若手お笑い芸人の発掘を目的に実施され、今回で7回目。この日は3カ月にわたり実施された予選会を勝ち抜いた21組が参戦。漫才やコントなどで競い合い、勝ち抜いた5組が決勝に進出し、審査員や一般観覧者120人の審査により、トンツカタンが優勝した。審査員は渡辺正行さん、木村祐一さん、平愛梨さんらが担当した。

 大会を振り返った平さんは「非常に濃い時間でした」と語り、木村さんは「長くやってほしい。みんなずっと長くできる人たちだと思う」と“後輩”たちを激励していた。

 大会出場者:アキラ100%▽インポッシブル▽カントリーズ▽ゴールデンエイジ▽サンシャイン▽サンシャイン池崎▽さんだる▽スーパーニュウニュウ▽ダイタク▽トンツカタン▽パーマ大佐▽ハナコ▽パニーニ▽ピーマンズスタンダード▽ブルーセレブ▽ペペ▽ホタテーズ▽マツモトクラブ▽やさしい雨▽ヤングウッズ▽リンゴスター

最終更新:7月16日(土)21時21分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。