ここから本文です

県産酒、東京でPR 28、29日「まつり」

福島民報 7月16日(土)9時50分配信

 福島県は28、29の両日、県産日本酒の大規模販売促進イベント「日本一のふくしまの酒まつり」を東京都港区のJR新橋駅西口SL広場で開く。 
 全国新酒鑑評会で金賞受賞数4年連続日本一に輝いた県産日本酒の魅力を首都圏の消費者に発信する。県酒造組合に加盟する全蔵元の約100銘柄を販売する。県主催としては最大級の日本酒イベントとなる。いかにんじんや川俣シャモなどの伝統料理やモモなどの産品を一緒に販売する。 
 両日とも開催時間は午後4時から同8時まで。飲食料金はチケット制で、1組5枚つづりが千円。前売りは1枚増える。前売り券は16日から都内の県首都圏情報発信拠点「日本橋ふくしま館 MIDETTE(ミデッテ)」で販売する。 
 県産日本酒を国内外にPRする連続キャンペーン「ふくしまプライド。発信事業」の第一弾。第二弾は秋に米国で開催する予定。 

福島民報社

最終更新:7月16日(土)9時57分

福島民報