ここから本文です

【球宴】鯉倒へ!由伸巨人と金本阪神が同盟

東スポWeb 7月16日(土)16時39分配信

「マツダオールスターゲーム2016」は15日、ヤフオクドームで第1戦が行われ、全セが全パに5―4で先勝した。通算成績は全セの78勝80敗10分けとなった。MVPには本塁打と二塁打を放ったDeNAの筒香嘉智外野手(24)が初選出され、賞金300万円を獲得した。ペナントレース中とはひと味違うスター選手たちの戦いは大盛り上がり。その舞台裏情報をお届けする。

 後半戦の巻き返しに燃える阪神・金本知憲監督(48)が、巨人・高橋由伸監督(41)が呼びかける「広島包囲網」を快諾した。

 首位独走の広島・緒方監督が不在の今回の球宴。鬼の居ぬ間に…ではないだろうが、由伸監督は「(広島が)上にいるわけだし、何とかしないといけない。このまま離されてはダメだし…。前も言ったけど、ウチだけでなく他のチームにも頑張ってもらえたらということ」と発言。改めてセ4球団への「包囲網」結成を呼びかけ、さらにこの日は「本当は僕よりも最年長の金本さんに、その話(広島包囲網)を言ってもらうのがいい」と同じ伝統球団の鉄人監督に「共闘」を求めた。

 前半戦を借金10の5位で折り返した阪神。「自分のところで精一杯」と他球団のことを考える余裕はなかった金本監督だが、7歳年下の由伸監督のそんな「申し出」に「分かった。このままで終わるわけにいかん」ときっぱり。胸元をえぐられるポーズをしながら「ピッチャーにはきつい攻めをこういう感じでバンバンいってもらって止めていくしかない!」と言い切ったのだ。

 阪神は、今季ここまで広島に4勝11敗と大きく負け越している。もっか赤っ恥の7連敗中だ。これ以上、広島に負ければ「何やってるんだ!」とさらに批判されるのは間違いない。巨人は広島に7勝6敗と勝ち越しているだけに、このまま阪神が広島をアシストしているような形では、あまりにも格好が悪い。そんな中での由伸監督からの呼びかけとあって、断る理由もなかった。

 これには阪神関係者も「巨人との共闘はいいこと。いい投手を広島に当てていけば、ペナントレースが面白くなる」と歓迎する。球宴第1戦終了後「(今回は)3人(原口、高山、岩貞)が初出場か。違う空気を吸って、後半にまた気分を変えてやってくれればいい」と話した金本監督。由伸監督とともに緒方広島の独走に待ったをかける。

最終更新:7月16日(土)16時39分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。