ここから本文です

明治が早実から二回に2点先制 初回無死満塁のピンチ切り抜け

デイリースポーツ 7月16日(土)10時38分配信

 「高校野球西東京大会・4回戦、早実-明治」(16日、ダイワハウススタジアム八王子)

 明治が2点を先制した。

 先攻の明治は初回、無死満塁のピンチを招いたが、先発の柳澤が早実の4番・野村を遊ゴロに、5番・工藤を遊併殺に打ち取り無失点で切り抜けた。

 直後の二回、1死一、三塁から島倉のスクイズで1点を先制すると、2死二塁で柴田が中越えに適時二塁打を放ち、この回2点を奪った。

 注目の早実・清宮は「3番・一塁」でスタメン出場し、第1打席は四球を選んだ。

最終更新:7月16日(土)11時56分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報