ここから本文です

カブトムシ・クワガタムシ展 猪苗代

福島民報 7月16日(土)10時56分配信

 福島県猪苗代町のアクアマリンいなわしろカワセミ水族館の企画展「カブトムシ・クワガタムシ展」は16日、開幕する。 
 世界最大級のカブトムシであるヘラクレスオオカブトやネプチューンオオカブト、県内で採取したミヤマクワガタなど22種を展示する。県内で確認されているクワガタムシ全15種の標本も並ぶ。8月31日までの期間中、森を再現した部屋で昆虫の塗り絵などが楽しめるワークショップを繰り広げる。 
 8月20、21の両日、昆虫の標本でジオラマを製作する。7月29日、8月4日、17日は消しゴムで昆虫のはんこを作る。両講座とも有料で事前申し込みが必要。問い合わせは同水族館へ。 

福島民報社

最終更新:7月16日(土)10時59分

福島民報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。