ここから本文です

<内村光良>“スカッとジャパン”メンバーと「サザエさん」に イヤミ課長VSサザエも

まんたんウェブ 7月17日(日)13時0分配信

 お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんが、MCを務めるバラエティー番組「痛快TVスカッとジャパン」(フジテレビ系)のメンバーとともに、同局の国民的テレビアニメ「サザエさん」に出演することが17日、明らかになった。内村さんは「出演が決まった時は“おおっ!”って思いました。『サザエさん』はよく見ていますから子供が喜んでくれて自慢になります」とうれしそうで、自分をイメージして描き下ろされたアニメキャラについては「年相応の内村になったなと(笑い)。 前髪の分け方もちゃんとそっくりでうれしいです」と喜んでいる。

【写真特集】ウッチャンがアニメ化 前髪の分け方そっくり?

 内村さんらの出演は、23~24日に放送されるフジテレビの特番「FNS27時間テレビフェスティバル!」内でのコラボ企画。内村さんのほか、木下ほうかさん扮(ふん)する嫌みな言動を繰り返す“イヤミ課長”こと馬場智明、菜々緒さんによる“悪女エリカ”、山村紅葉さんと夏川加奈子さんによる“迷惑おばさんコンビ”、宍戸美和公さんの“眼鏡のおばさん”といった名物キャラクターがアニメ化され、本人たちがそれぞれの声優を担当する。

 当日は、磯野家の周りで起こったさまざまな“スカッとする話”を集めたストーリーが展開されるといい、磯野家のご近所にイヤミ課長が現れ、「はい、論破!」というおなじみのセリフで、カツオや波平を次々と論破していく……という場面もあるという。

 「サザエさん」を担当する野崎理プロデューサーは「今回のコラボが決まった時、真っ先に思いついたのが、イヤミ課長こと馬場さんが『サザエさん』の世界にやってくるというお話でした」と明かし、「アフレコ現場では、木下ほうかさんもノリノリで、あのイヤミ課長が『サザエさん』の世界でも大暴れでした。イヤミ課長VSサザエの戦いは必見です」と力を込めている。

 一方、木下さんはアフレコを終え「僕のイラストは実年齢より若々しくしていただいて、“論破のポーズ”は普段は両手ではやらないのですが、こんな時もあるのかな」とコメント。また「『サザエさん』の中では僕はタラちゃんが好き」といい、「日曜日の夜は、『サザエさん』を見て元気になるというイメージなので、自分の役で出演できて光栄です。ぜひお楽しみください」と視聴者にメッセージを送っている。

 「FNS27時間テレビフェスティバル」は23日午後6時半~24日午後9時24分に放送され、「サザエさん」は24日午後6時半から。

最終更新:7月17日(日)14時52分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。