ここから本文です

オンキヨー、「ポタフェス」に初のハイブリッド型イヤフォンと完全独立型ワイヤレスイヤフォンを参考出品

ITmedia LifeStyle 7月16日(土)13時58分配信

 7月16日(土)に開幕した「ポタフェス2016 in 東京・秋葉原」。オンキヨーブースでは、日本初公開のカナル型イヤフォン「E900M」とワイヤレスイヤフォン「W800BT」を参考展示しています。

完全ワイヤレスの「W800BT」

 E900Mは、オンキヨーの新しいフラグシップとなる製品で、現行「E700M」の上位機に位置付けられます。E700Mがダイナミック型1基だったのに対し、E900Mはオンキヨー初のハイブリッド型。6mm径のダイナミック型ドライバーと1基のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載した3Wayで、再生周波数帯域は5~4万Hz、インピーダンスは16Ωというスペックになります。またMMCXコネクターを採用した着脱式ケーブルもうれしいポイントです。

 一方のW800BTは、ケーブルのまったくない完全独立型ワイヤレスイヤフォン。イヤフォン本体は8.6mm径ダイナミック型ドライバーを搭載した密閉ダイナミック型で、6~2万2000Hzの再生周波数帯域を持っています。Bluetooth 4.1で接続し、1回の充電で3時間の利用が可能。また付属のケースにも充電池が内蔵されていて、本体を5回も充電できるため、3時間×5で計15時間も使えます。

 E900M、W800BTは、どちらも今秋発売を目指して開発中。価格は未定です。

 また、オンキヨーブランドの70周年記念モデルとして開発している「KIRIヘッドフォン」も開発が進み、バージョンアップしていました。進化のポイントは2つ。桐製ハウジングを楽器で使われるセラックニスで塗装し、「音質に影響させずに保護できる」ようになりました。

 もう1つは50mm径ユニットのエッジ部分を以前より柔らかくしたことで、低域が出るようになりました。測定方法にもよりますが、高域に関してはハイレゾ音域(~4万Hz)を軽くオーバーするスペックを持っているそうです。こちらも正式発表が楽しみです。

最終更新:7月16日(土)13時58分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]