ここから本文です

スコーピオンズ、ラスト(だったはずの)ライブ映像発売決定

BARKS 7月18日(月)15時47分配信

スコーピオンズが2012年に行なったフェアウェル・ワールド・ツアーの最終日、ドイツ公演の様子を収めたライヴ映像作品『スコーピオンズ 蠍団転生前夜~ライヴ・イン・ミュンヘン 2012』が、8月26日に日本先行発売される。

◆スコーピオンズ画像

2012年12月17日、ミュンヘンのオリンピック・ホールで行われたこのライヴは、1年半におよぶ<ファイナル・スティング・ワールド・ツアー>の最終公演として行われたものだ。当時、スコーピオンズはこのツアーを最後に活動を停止すると宣言しており、ミュンヘンでのショーはラスト・コンサートとなるはずだった。

ここでは『蠍団とどめの一撃 Sting In The Tail』(2010)のタイトル曲からライヴはスタートし、「ロック・ユー・ライク・ア・ハリケーン」「スティル・ラヴィング・ユー」「ビッグ・シティ・ナイツ」「ノー・ワン・ライク・ユー(官能の夜)」そして「ウィンド・オブ・チェンジ」など名曲の数々が次々と披露される。マティアス・ヤプス加入後の楽曲をメインにしながら、『暴虐の蠍団/テイクン・バイ・フォース』(1977)からの「空を燃やせ」をプレイするというサプライズもある。

そしてこのライヴ作品と同時に、フェアウェル・ツアーを軸としてバンドの軌跡をたどったドキュメンタリー『フォーエヴァー・アンド・ア・デイ』が同梱される2in1スペシャル・パッケージも発売される。このツアー中に撮影されたインタビューや、1973年に初めてテレビに出演した時の「ディス・イズ・マイ・ソング」(ギターはウリ・ジョン・ロート)、1978年の初来日公演のオフショット、1983年のUSフェスティバルでの37万5千人の大観衆を前にしたライヴ・パフォーマンスなど、バンドの栄光の歴史を数々の映像で追っていくドキュメンタリーだ。

Photo by Marc Theis

スコーピオンズ『スコーピオンズ 蠍団転生前夜~ライヴ・イン・ミュンヘン 2012+フォーエヴァー・アンド・ア・デイ』
2016年8月26日日本先行発売
【初回限定盤ライヴBlu-ray+ドキュメンタリーBlu-ray】¥9,000+税
【初回限定盤ライヴDVD+ドキュメンタリーDVD】¥8,000+税
【ライヴBlu-ray】¥6,000+税
【ライヴDVD】¥5,000+税
※日本語解説書封入/日本語字幕付き
1.スティング・イン・ザ・テイル
2.メイク・イット・リアル
3.イズ・ゼア・エニバディ・ゼア?
4.ザ・ズー
5.コースト・トゥ・コースト
6.ラヴィング・ユー・サンデー・モーニング
7.空を燃やせ
8.ザ・ベスト・イズ・イェット・トゥ・カム
9.センド・ミー・アン・エンジェル
10.ホリデイ
11.レイズド・オン・ロック
12.ディーズ・ミー・プリーズ・ミー
13.ヒット・ビトウィーン・ザ・アイズ
14.コタック・アタック
15.ブラックアウト
16.ビッグ・シティ・ナイツ
17.スティル・ラヴィング・ユー
18.ウィンド・オブ・チェンジ
19.ノー・ワン・ライク・ユー
20.ロック・ユー・ライク・ア・ハリケーン
21.ホエン・ザ・スモーク・イズ・ゴーイング・ダウン
【メンバー】
クラウス・マイネ(ヴォーカル)
ルドルフ・シェンカー(ギター)
マティアス・ヤプス(ギター)
パウエル・マキオダ(ベース)
ジェイムス・コタック(ドラムス)

最終更新:7月18日(月)15時47分

BARKS