ここから本文です

JK神ノッカー・古市さんの夏終わる「この仲間は宝物です」

東スポWeb 7月16日(土)17時49分配信

 カワいすぎる「JK神ノッカー」の夏が終わった。女子マネジャーがノッカーを務める福井県立羽水高が16日、「第98回全国高等学校野球選手権」福井県大会1回戦の若狭戦(敦賀市総合運動公園野球場)に、3―5で惜敗した。

 マネジャーの古市琴美さん(3年)が男子顔負けのスイングでノックを打つことで一躍注目の存在となった羽水高。前日(15日)の練習でもノッカーを務め、ナインに気合を注入した。ただ、この春からの制度改正により、この日の試合前のシートノックでバットを振ることはできなかった。

 それでも試合中はベンチから懸命にナインに声援を送った。劣勢を強いられたチームは一時、5点差をつけられながらも「やってくれると信じていた。誰も諦めていなかった。最高の雰囲気でした」(古市さん)と8回には3点を返して押せ押せムードに。しかし、あと一歩及ばなかった。

 試合後、後輩マネジャーと抱き合って涙を流した古市さんは「勝てなかったのは悔しいですが、ここまでやってこれたのはよかった。ホントに楽しかったです。あっという間の野球部生活でした。みんなには『お疲れさま』と言いたい。この仲間は宝物です」と声を絞り出した。

 今後は、アスリートを支える仕事に就くことを目指し大学進学を目指すJK神ノッカー。「ノックができるか分からないが、野球は大好きなので、やめずに続けていきたい」と野球に携わっていくことを誓った。

最終更新:7月16日(土)19時40分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報