ここから本文です

持ち曲多すぎチャラン・ポ・ランタン、初のカバーアルバムは“2人組縛り”

音楽ナタリー 7月16日(土)18時48分配信

チャラン・ポ・ランタンにとって初めてのカバーアルバム「借りもの協奏」が9月14日にリリースされる。

彼女たちは「(カバー曲の)持ち曲が多すぎて選曲し切れない」という理由から、カバーアルバムの収録曲を2人組のアーティストに縛り選定。今作にはフリッパーズ・ギター「恋とマシンガン」、電気グルーヴ「Shangri-La」、The Buggles「Video Killed the Radio Star」(邦題:ラジオスターの悲劇)、Shampoo「Trouble」の替え歌である「入院トラブル」など全10曲が収められる。

また本日7月16日に松田翔太主演のMBS・TBSドラマ「ディアスポリス -異邦警察-」の主題歌「月」と、Bay City Rollersの代表曲「Saturday Night」を替え歌した「ソトデナイ」の2曲がレコチョクなどの音楽配信サイトにてリリースされた。

チャラン・ポ・ランタン「借りもの協奏」収録曲
・明日へ架ける橋 / Simon & Garfunkel・アジアの純真 / PUFFY・Can't turn You Loose / The Blues Brothers・恋とマシンガン / フリッパーズ・ギター・恋のバカンス / ザ・ピーナッツ・サウダージ / ポルノグラフィティ・Shangri-La / 電気グルーヴ・ナオミの夢 / ヘドバとダビデ・入院トラブル(Shampoo「Trouble」の替え歌)・ラジオスターの悲劇 / The Buggles

最終更新:7月16日(土)18時49分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。