ここから本文です

タナゴの中から子タナゴわさわさ 魚を1匹買ったら中から卵ではなく稚魚が30匹以上出てきた!

ねとらぼ 7月16日(土)19時25分配信

 買ってきた1匹のタナゴの中に、わさわさと複数の子タナゴがいたという珍事がTwitterで話題になっています。投稿者のりゅーやさんがツイートした写真では、タナゴのお腹から別の小さい尾ひれが出ていて、結果そこには31匹もの子タナゴがいたことが確認できます。

【31匹の子どもがわんさか出てきた!】

 お腹の中の稚魚とあわせて32匹となったタナゴは、価格100円で購入したものとのこと。大きかったタナゴのお腹はぺちゃんこになっていて、どれだけたくさんの子どもが入っていたかを物語っています。

 Twitterではその数に驚く声のほか、「卵生じゃないのか!」「タナゴって卵胎生魚だったんだ…初めて知りました」という声も。なんでも今回のタナゴは、正確には「ウミタナゴ」という海水魚で、淡水魚のタナゴとは分類が違います。ウミタナゴは子どもを卵ではなく、親のお腹の中である程度まで成長してから産む卵胎生魚なので、中から子タナゴがどんどんと出てくる結果になったもようです。

 別のコメントでは「メバルもそうだし。釣り師的には常識」「グッピーなんかもそうですよね。稚魚の状態でお腹から出てくる様はとてもかわいいです」と、他にも卵胎生魚がいることが挙げられ、「私も釣りをして捌いたら同じこと起きました」と同様のことがあったという人の声も見られました。

画像提供:@Chanko___nabeeさん

(宮原れい)

最終更新:7月18日(月)11時15分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]