ここから本文です

棚橋弘至 時代劇で海老蔵とバトル「目力がすごかった」

東スポWeb 7月16日(土)19時29分配信

 新日本プロレスの棚橋弘至(39)が、10月クールのテレビ東京系ドラマ「石川五右衛門」(毎週金曜午後8時)に準レギュラーとして出演することが16日、発表された。棚橋は市川海老蔵(38)が演じる石川五右衛門のライバルとなる剣豪・榊基次役に抜てきされた。

 この日はバトルシーンも先行公開され、棚橋は「ツバとツバを合わせてにらみ合うシーンがあるんですけど、海老蔵さんの目力がすごかったです。いかんせん僕は切れ長で一重っていうね(苦笑い)」と撮影を振り返った。

 かねて目標として掲げてきたゴールデン帯のドラマ出演を実現させたプロレス界のエースは「ジャンルを越えてプロレスをアピールすることで、その魅力に気づいてもらえると思う」と目を輝かせた。

最終更新:7月16日(土)19時29分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。