ここから本文です

清宮、ズボンの尻が破れた…過去も「4着ぐらい」 着替え待ちで試合中断

デイリースポーツ 7月16日(土)13時42分配信

 「高校野球西東京大会・4回戦、早実6-2明治」(16日、ダイワハウススタジアム八王子)

【写真】あらら…お尻部分がパックリ裂けてしまった清宮

 昨年夏の甲子園で4強入りした早実が5回戦進出を決めた。注目のスラッガー・清宮幸太郎内野手(2年)は過去2試合と同じく「3番・一塁」でスタメン出場し、第4打席で適時二塁打を放つなど5打席で3打数1安打、1打点だった。死球で出塁した三回には走塁でユニホームのズボンが破れてしまうハプニングもあった。

 1-2で1点を追う三回。死球で出塁した清宮は、工藤の中前打の間に三塁へ突進した。「外野が深かったので。センター前で(打球が)はずんだので行けるかなと」と本人も振り返る好走塁だったが、この時にズボンのお尻付近が破れてしまった。攻守交代のタイミングで清宮の着替えを待つため、数分間、試合は中断した。

 死球直後になかなかベンチから出てこなかったため、「デッドボールで引っ込んだみたいな感じでしたけど、全然、それは大丈夫なんで…」とばつが悪そうにした清宮。ユニホームが破れてしまうことはよくあるそうで、「4着ぐらい。公式戦は初めてですけど、練習とかでは」と振り返った。

 チームが予備を用意してくれていたため、迅速にプレーに復帰。「助かりました」と安どしていた。この日の打撃成績は四球、死球、中飛、適時二塁打、一ゴロの3打数1安打1打点。3戦連発となる本塁打は出なかったが、「チームが勝つのが一番なんで。打点ほしいところで1本(適時打が)出ましたので、悩むほどでもないのかなと思います」と語った。

 5回戦は国士舘と18日に対戦する。

最終更新:7月16日(土)13時51分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]