ここから本文です

トンツカタンが「お笑いハーベスト大賞」優勝 シュールなネタで頂点に

東スポWeb 7月16日(土)22時7分配信

 日本音楽事業者協会が主催する「お笑いハーベスト大賞2016」が16日、都内で行われ、プロダクション人力舎所属のお笑いトリオ「トンツカタン」が優勝した。

 決勝に進出したのは21組中5組。審査員には委員長の渡辺正行(60)、“キム兄”こと木村佑一(53)のほか、サッカー日本代表・長友佑都(29=インテル)との熱愛で知られる女優の平愛梨(31)が名を連ねた。

 展開の読めないシュールネタで頂点に立った3人は賞金50万円に大興奮。今春に結婚した菅原好謙(26)は「ヒモをやっているんで、これで女房の扶養家族から抜けられる!」と大喜びした。

 イベント後に行われた人生初の囲み取材では、審査員に平がいたことから「優勝してアモーレもできるんじゃ…」と質問が飛んだ。ボケ担当の櫻田佑(26)は「有名になってアモーレがどんどん言い寄ってくる男になりたい。自分から行くのではなくて、あくまで選ぶ立場がいいですね」とコメント。これにはネタ作りを担当している森本晋太郎(26)から「どこ目線で言ってんだよ!」と慌ててツッコミが入った。

最終更新:7月16日(土)22時7分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。