ここから本文です

世界ツアー中のきゃりー「怖くなってきた」 テロ、クーデターに

デイリースポーツ 7月16日(土)16時1分配信

 ワールドツアー中の歌手・きゃりーぱみゅぱみゅ(23)が16日、フランス・ニースで起こったテロやトルコ軍でのクーデターなど、不安定な世界情勢に、ツイッターで「怖くなってきた」と心境を吐露した。

 デビュー5周年を迎えたきゃりーは2013年、14年に続き、3度目の世界ツアー中。5月13日にシンガポールでスタートし、6月24日・シドニー(豪)同25日・メルボルン(豪)、7月8日・ロンドン(英)、同22日・サンフランシスコ(米)、同25日・ニューヨーク(米)、8月6日・台北(台湾)と回り、ファイナルは8月19、20日の日本武道館の予定。

 きゃりーは16日、ツイッターで「今ワールドツアー中で来週はNYとサンフランシスコでライブがあるのだけど、ここ最近テロとかクーデターとかでたくさんの方が犠牲になってしまっていて怖くなってきた」と書き込み、「どうか平和になりますように。祈。」と平和を祈念した。

 昨年11月にはパリで同時多発テロが発生。標的の1つとなり、多数の犠牲者が出たライブハウス「ル・バタクラン」ではきゃりー自身もライブを行った。この時は「思い入れのある場所でたくさんの方が殺されたなんて信じられないし悲しすぎる。亡くなられた方のご冥福とこれ以上犠牲者が増えないことを祈ります」とショックを隠し切れない様子でツイートしていた。

最終更新:7月16日(土)18時1分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。