ここから本文です

野沢直子、浜田雅功の家は「お中元の迫力すごい」…今年は居候せず

デイリースポーツ 7月16日(土)16時18分配信

 タレント・野沢直子(53)が16日、大阪・森ノ宮ピロティホールで上演中の世界的な体感型ファンタジー公演「スラバのスノーショー」を公式サポーターとして観劇した。

 客席にも吹雪演出が押し寄せるなど、その迫力が有名な同公演。米国在住で、毎年夏場の“日本出稼ぎ”では親交が深い小川菜摘(53)とダウンタウン・浜田雅功(53)夫妻の自宅に居候することもある野沢は、浜田家とスノーショーのどちらが迫力あるかと問われると「あの家はお中元が結構すごいんでね、その迫力はありますけど、こっちのほうがちょっと勝ってますね」と笑顔で語った。

 「(浜田家に)吹雪や雪崩とかはないですけどね」と安泰である様子を明かしつつ、同公演でキャストが客席に入り込んで水をまいたりするパフォーマンスもあることに引っかけ「あそこも家主が(浜田)がご飯食べてから居間でウロウロしている時間が長いのがちょっと嫌なんですけどね」と笑わせた。

 なお今年は「毎年は悪いかな」と居候を遠慮しているそうだが「たぶん1年おき、今年は行かなかったので、来年は泊まるかも」と話していた。

最終更新:7月16日(土)22時3分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。