ここから本文です

遠藤7連敗、千代の国との熱戦に大歓声も初白星ならず

デイリースポーツ 7月16日(土)16時57分配信

 「大相撲名古屋場所・7日目」(16日、愛知県体育館)

 前頭6枚目の遠藤(追手風)は同9枚目の千代の国(九重)と熱戦の末に上手投げで敗れ、初日から勝ち星なしの7連敗となった。千代の国は4勝3敗。

 遠藤は立ち合いから多彩な攻めを見せ、相手を何度も窮地に立たせたが、千代の国も必死に抵抗。お互いが投げの打ち合いを繰り広げる熱戦に場内は大歓声が沸いた。

 最後も両者が投げを打ち合いながら土俵の外へ倒れ込んだが、遠藤の頭がわずかに先に落ちて、初白星とはならなかった。

最終更新:7月16日(土)17時12分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]