ここから本文です

マンチーニ監督、インテルと不協和音か レオナルド氏の監督復帰説も

デイリースポーツ 7月16日(土)18時6分配信

 日本代表DF長友佑都の所属するイタリア1部リーグ(セリエA)、インテル・ミラノのロベルト・マンチーニ監督とクラブ側で不協和音が起こっているという。16日のガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

 同紙では、2017年6月末までの同監督とクラブの契約が更新されていない点などが指摘されている。次期監督候補としては、インテルでの監督経験があるレオナルド氏、またラツィオと契約破棄となったアルゼンチン人監督のビエルサ氏などが挙がっている。

 レオナルド氏は6月に「私は監督かフロントの人間として働くのがクラブに適している。(新オーナー)蘇寧電器のチーム計画はしっかりしており、いつでもチームに復帰する準備はできている」とコメントしていた。

 クラブは16日にアメリカ遠征へと出発する。

最終更新:7月16日(土)18時6分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。