ここから本文です

大谷、ホームランダービー連日の優勝ならず 決勝で柵越え0

デイリースポーツ 7月16日(土)18時17分配信

 「マツダオールスターゲーム・第2戦、全セ-全パ」(16日、横浜スタジアム)

 ホームランダービーが試合前に行われ、前日に初優勝した全パ・大谷(日本ハム)は決勝で柵越え0に終わり、連日の優勝はならなかった。

 準決勝で前日に続いて全セ・山田(ヤクルト)と対戦。この日が24歳の誕生日だった山田は最後まで柵越えが出なかったが、大谷も前日の大当たりから一転して、スタンドへ届かなかった。ようやく最後の1球でスコアボードを直撃する豪快なアーチで辛くも決勝に進出した。

 決勝では、準決勝で全セ・筒香(DeNA)を7-3で下した全パ・メヒア(西武)と対戦。先に打席に入った大谷は、決勝でも思うようにボールが上がらず、スタンドインは1本もなし。後攻のメヒアから最初のアーチが飛び出した瞬間に勝負は決まった。

 優勝したメヒアに賞金50万円が贈られた。

 ホームランダービーは7アウト制で、バットに当たった打球は、本塁打以外はアウトとカウントされる。

最終更新:7月16日(土)18時37分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報