ここから本文です

平井堅 生放送中、音響トラブルで歌唱中止「音が出ない…」

デイリースポーツ 7月16日(土)18時59分配信

 歌手・平井堅が16日、TBS系で生放送された音楽特番「音楽の日」に出演中、音響トラブルで歌唱を中止するハプニングに見舞われた。

【写真】平井堅 インド人と勘違いされ…

 午後6時51分、「魔法って言っていいかな?」を歌い始めたものの、1フレーズ歌った時点で目がキョロキョロし、スタッフに何かを訴えたい様子。歌いながら、マイクを通して「(演奏の)カラオケが出ないです、僕」と呼び掛けた。

 直後、「演奏だ、出ました」とマイクを通してアピールしたが、それもつかの間。平井は手で楽器を弾く仕草などをして、異変を訴えていたが、状況が変わらず、すぐに「すみません、音が出ない…ごめんなさい」と歌唱を中断した。

 司会のSMAP中居正広は「大丈夫ですよ、編集でバッサリいきま…あ、生放送(で編集できない)」と笑わせ、平井がこの日のMCで話題にしていた伝説の生音楽番組「ザ・ベストテン」にひっかけ、「ベストテンでもこういうこと、いっぱいあったんでしょうね」と機転をきかせた。

 平井によると、イヤーモニターを通じて演奏のカラオケがハープ部分しか聞こえなかったそうで、中居は「カラオケなくてよく歌ってましたよね」と感心した。

 番組では急きょ、次の歌唱順だった三代目J Soul Brothersが少し早めに歌い、その後、あらためて平井が歌い直した。

 中居は「テレビをご覧の皆様、そして平井堅さん、大変申し訳ございませんでした」と視聴者と平井に詫びた。平井は「とんでもございません」と笑顔で応じていた。

 機転をきかせ、会場をなごませた中居と最後まで穏やかな笑顔だった平井にネット上でも話題が集中。同番組の公式ツイッターには「堅ちゃんと中居くん、神対応でした!!!」「素敵な対応ありがとうございます」などの書き込みが寄せられていた。

最終更新:7月17日(日)17時38分

デイリースポーツ