ここから本文です

大谷が球宴初アーチ「狙ってました」 猛打賞となる同点打も

デイリースポーツ 7月16日(土)20時1分配信

 「マツダオールスターゲーム・第2戦、全セ-全パ」(16日、横浜スタジアム)

 5番DHで先発した全パ・大谷(日本ハム)がオールスター初めてのホームランを放った。五回、先頭打者として打席に入ると、全セ・井納(DeNA)の初球を振り抜き、左中間スタンドへと突き刺した。

 二回の第1打席は、全セの先発左腕・石田(DeNA)のスライダーにバットが出ず、見逃しの三振に倒れたが、見事に修正した。

 大谷はインタビューで「すごく気持ちがよかったです。みんな打っていたから、打ってみたいと思ってました。狙った?狙ってました。ホームランダービーから強引に打ちにいっていたので、センター方向にいこうと思ってました」と笑顔で振りかえっていた。

 七回の第三打席も、再び先頭打者として打席に入り、秋吉(ヤクルト)の球に逆らわず、左前に運ぶ安打で出塁。2死後、今宮(ソフトバンク)の内野に上がった飛球がポトリと落ち、大谷は二塁から勝ち越しとなるホームを踏んだ。

 その裏、全セに逆転を許したものの、大谷は八回2死一、二塁の場面で、田島(中日)から右前へ同点タイムリーを放った。

 大谷は全パの先発投手部門でファン投票で選ばれたが、前半戦最後の試合で右手中指のマメをつぶして球宴での登板は見送りに。代わって野手の“一刀流”として、球宴参戦となり、第1戦のホームランダービーで優勝し、ファンを沸かせた。

最終更新:7月17日(日)4時45分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報