ここから本文です

日本ハム・大谷がMVP!球宴第2戦はドロー、大谷は初本塁打など猛打賞

デイリースポーツ 7月16日(土)21時9分配信

 「マツダオールスターゲーム・第2戦、全セ5-5全パ」(16日、横浜スタジアム)

 九回引き分けに終わった。最優秀選手には日本ハム・大谷翔平投手が選出された。大谷は「5番・DH」で先発し、初本塁打を含む3安打2打点の活躍だった。

 第1戦に勝利した全セは二回、先頭の筒香(DeNA)が全パの先発・涌井(ロッテ)から第1戦に続く右越え本塁打を放ち1点を先制。続くビシエド(中日)、エルドレッド(広島)、川端(ヤクルト)の3連打で無死満塁とし、鈴木(広島)の左犠飛で2点目を挙げた。

 三回には2死から丸(広島)の右越え球宴1号ソロで3点目。

 3-4の七回は原口(阪神)の左越え適時二塁打と大引(ヤクルト)の中前適時打で1度逆転。

 全パは0-3の五回、「5番・DH」で先発出場の大谷(日本ハム)が左中間席へ球宴1号ソロ本塁打。続くレアード(日本ハム)が左中間二塁打を放つと、次の浅村(西武)が右越えに球宴1号2ランを放ち同点。

 七回には先頭・大谷が左前打で出て2死二塁から今宮(ソフトバンク)の高い内野飛球に対して、全セ守備陣のお見合いを誘う適時安打となり、大谷が勝ち越しのホームイン。

 4-5の八回には2死一、二塁から大谷がこの日3安打目のとなる右前適時打を放ち再び同点に追いついた。

 投手陣は全セが先発・石田(DeNA)、2番手・岩貞(阪神)がともに2回無失点。3番手・井納(DeNA)は2回3失点。4番手・秋吉(ヤクルト)、5番手・田島(中日)はともに1回1失点。6番手・野村(広島)は1回無失点。九回は山崎康(DeNA)が本拠地ファンの大声援を受けながら、7番手で登板し、二塁・菊池(広島)の好守備にも助けられながら無失点に抑えた。

 全パは先発・涌井(ロッテ)は2回2失点、3番手・塚原(オリックス)は1回1失点、3番手・益田(ロッテ)、4番手・牧田(西武)、5番手・西野(ロッテ)はいずれも1回無失点。七回からは6番手・有原(日本ハム)が3イニングを投げて2失点だった。

最終更新:7月16日(土)21時16分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]