ここから本文です

大谷がMVP、球宴初アーチ含む3安打2打点「いいバッティングできた」

デイリースポーツ 7月16日(土)21時31分配信

 「マツダオールスターゲーム・第2戦、全セ5-5全パ」(16日、横浜スタジアム)

 全パ・大谷(日本ハム)が球宴初アーチを含む3安打2打点2得点の活躍でMVPを獲得した。

 5番DHで先発した大谷は、五回、全セ・井納(DeNA)の初球を振り抜き、左中間スタンドへオールスター自身初めてとなるホームランを放った。

 3-3の七回には、秋吉(ヤクルト)から左前打で出塁すると、今宮(ソフトバンク)の幸運な内野安打の間に勝ち越しのホームを踏んだ。さらに逆転を許した八回2死一、二塁では、田島(中日)から右前へ同点タイムリーを放った。

 大谷は試合後のインタビューで「いいバッティングができました」と笑顔を見せた。「ピッチャーが代わって1球だったので、真っすぐだけ狙っていきました。感触?すごくよかったです」と本塁打のシーンを振り返った。

 大谷は全パの先発投手部門でファン投票で選ばれたが、前半戦最後の試合で右手中指のマメをつぶして球宴での登板は見送りに。「投手として選んでもらったので、マウンドで自分のパフォーマンスを見せられればいいかなと思ってたんですが、こういう形になってしまったので。何とか打者として活躍できればいいなと思ってました」と話した。

 第1戦のホームランダービーの優勝でファンの度肝を抜き、そしてこの日は試合本番での大活躍。打の“一刀流”で、まぎれもない球宴の主役となった。

最終更新:7月16日(土)21時59分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]