ここから本文です

J2熊本 本震から3カ月、勝利ならず 次戦は本拠うまスタ、巻「勝ち点3にしたい」

デイリースポーツ 7月16日(土)21時38分配信

 「J2、横浜FC1-1熊本」(16日、ニッパツ三ツ沢球技場)

 熊本地震の本震が発生した4月16日から、ちょうど3カ月での試合となったが、熊本は勝ち点3を逃した。

 前半3分にMF八久保のシュートで先制すると、横浜FCに攻め込ませずに試合を支配した。しかし、前半ロスタイムに、すでに1度警告を受けていたFW巻がラフプレーで2度目の警告を受け退場に。1人少なくなった後半は防戦一方となった。体を張った守備を続けた熊本だったが、後半41分、イバに同点PKを決められ、勝利を逃した。

 熊本では復興活動に尽力してきた巻は、自身の退場については「1枚もらっていたので、気をつけないといけなかった」と反省した。次戦20日の徳島戦は、地震発生から2度目となる本来のホーム「うまかな・よかなスタジアム」での試合になる。前回のうまスタでの試合はC大阪に1-5で敗れているため「この前のホームはボコボコにやられた。今度は勝ち点3にしたい」と力を込めた。

最終更新:7月16日(土)21時43分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]