ここから本文です

【F1】キング 「F1昇格の準備は整っている」

ISM 7月16日(土)17時8分配信

 イギリスGP後のテストで3回目の走行を終えたマノーの開発ドライバー、ジョーダン・キングは、F1にステップアップする準備が整っていると感じている。

 GP2にも参戦しているキングは、昨年末のアブダビで初めてF1マシンをドライブし、今年、バルセロナでのシーズン中テストで2回目の走行を行なった。

 水曜日にシルバーストンで70周を走ったキングは、レース距離を優に上回り、予定されていたパフォーマンス走行を行なえなかったものの10位でセッションを終えた。

 「そうだね、個人的には準備できていると思う」と、F1への準備について尋ねられたキングは『GPUpdate.net』に語った。

 「昨年のアブダビでのテスト後、F1昇格まであと一歩だと感じた。その時はうまくいかなかったけれど、更に準備ができていることを今年も証明している」

 「2回のテストを難なくこなし、いい仕事をしたと感じている。マノーも同じように感じてくれているといいね」

 「GP2で何度か優勝した今、それを証明するためにいい結果表を作り始めていると感じている。GP2で結果を残せれば、F1シートを獲得する最大のチャンスになると思う」

 またキングは、バルセロナとシルバーストンでのテストの間でマノーが進歩したと感じている。

 「今年始めと比較すると、チームがいい方向に進んでいることは非常に明らかだ」とキングは語った。

 「バルセロナで僕が言ったことをみんながいろいろと取り入れて実施している。それがわかって嬉しいよ」

 「いつもそうだけど、まだ改善の余地はある。どのチームにも改善の余地があるけれど、このチームが見せている進歩には期待が持てるから、残りのシーズンが楽しみだよ」

 「進歩し続けることができたら、もっと安定してポイントを獲得し始めるかもしれないね」

 キングは、GP2で2勝を挙げるなどしてトップと15ポイント差の7位につけている。(情報提供:GP Update)

最終更新:7月16日(土)17時8分

ISM