ここから本文です

ボーイングの次世代旅客機「777X」国内各社の設備投資がピークに

エコノミックニュース 7月16日(土)20時41分配信

 富士重工業 <7270> は、2017年3月期に航空機事業の設備に前期比約2.3倍の140億円を投入する計画を示した。米ボーイングが開発中の次世代大型旅客機「777X」の機体部品向け自動化投資が中心で、富士重は胴体と主翼をつなぐ中央翼などを担当する。

 中央翼部材の加工などは、宇都宮製作所が担う。飛行機用のシーラント剤の塗布やサビを防止するプライマーを吹き付ける工程にアーム型ロボット、鋼板に補強材を打ち付ける工程にオートリベッター(自動打鋲機)を導入する。

 中央翼の組み立て・生産は、航空宇宙カンパニー半田工場の敷地内に新たに建設した新工場が行う。新工場の建築面積は約1万1,600平方メートル。宇都宮工場で加工した部材を7メートル四方の1枚板に仕上げ、大物部品の搬送については、現在の主流のレーンから自動搬送装置に切り替える。

 半田工場はこれまでにボーイング「777」「787」、防衛省の「固定翼哨戒機(P-1)」「輸送機(C-2)」の中央翼の組み立て・生産を担い、新工場が完成したことで世界有数の中央翼生産センターとなった。

 777X向け機体部品は、三菱重工業 <7011> 、川崎重工業 <7012> 、新明和工業 <7224> 、日本飛行機も参画している。各社は新工場建設や自動組み立てラインを整備中で、設備投資がピークに達しているという。

 川崎重工業は名古屋第一工場に777X向けの工場を新設し、胴体部品と補強部品の締結装置や、胴体外板を継ぎ合わせる新型のスキン・スプライス・リベッターなどを導入。他にも、高性能自動検査装置や大口径穴あけロボットなど、自社が開発した新技術を採用し、自動化によって生産効率の向上を図る。

 ボーイングは現在、航空会社10社ほどから777Xを306機受注している。17年に生産を開始し、20年に初号機を納入する予定。日本企業5社が機体の21%を分担生産する。生産コストを現行機「777」から15~20%削減する目標を実現すべく、各社がIoTやビッグデータ解析、人工知能などを組み合わせ、生産の自動化を進めている。(編集担当:久保田雄城)

Economic News

最終更新:7月16日(土)20時41分

エコノミックニュース

チャート

富士重工業7270
3919円、前日比-37円 - 9月23日 15時0分

チャート

三菱重工業7011
442.7円、前日比-5.1円 - 9月23日 15時0分

チャート

川崎重工業7012
312円、前日比-3円 - 9月23日 15時0分

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]