ここから本文です

【GOLF】P.ミケルソン、首位をキープ H.ステンソンが1打差単独2位浮上

ISM 7月16日(土)5時37分配信

 今季メジャー第3戦 全英オープンが現地時間15日、スコットランドのロイヤルトルーンGCで第2ラウンドの競技を終了。初日単独首位のフィル・ミケルソン(米)が2アンダー69で回り、通算10アンダーでリーダーボードのトップを守った。

 初日にメジャー最少記録タイの「63」をマークしたミケルソンは、勢いそのままに4番でバーディをマークすると、7番から連続バーディを記録し、前半を3アンダーで折り返す。しかし、前日とは打って変わって悪天候となったコンディションに苦戦したのか、後半の12番でボギーを喫すると、14番バーディの後の15番でも再びボギー。トータル4バーディ、2ボギーで回り、単独首位はキープしたものの、後続との差は1ストロークに縮まった。

 一方で、この日好調なプレーを見せたのは世界ランキング6位のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)。12位タイから出ると、3番からの3連続バーディなどでフロントナインを3アンダーで終えると、後半で3バーディ、ノーボギーとチャージ。7バーディ、1ボギーの6アンダー65はこの日のベストスコアとなり、通算9アンダー単独2位に浮上した。

 その他上位は、通算7アンダー3位タイにソレン・ケルドセン(デンマーク)と、キーガン・ブラッドリー(米)。ディフェンディング・チャンピオンのザック・ジョンソン(米)が通算5アンダー単独5位となっている。メジャー1勝のチャール・シュワーツェル(南ア)は5アンダー66とスコアを伸ばし、通算4アンダーでセルヒオ・ガルシア(スペイン)、トニー・フィナウ(米)ら並び、6位タイに浮上している。

 全米オープン覇者のダスティン・ジョンソン(米)は、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、パトリック・リード(米)らと同じ通算2アンダー15位タイ。世界ランキングNo.1のジェイソン・デイ(豪)は1アンダー70で回り、通算1オーバー41位タイとなっている。また、同No.2のNo.3のジョーダン・スピース(米)は4オーバー75とスコアを落としたが、通算4オーバー67位タイで辛くも週末へコマを進めている。

最終更新:7月16日(土)5時37分

ISM