ここから本文です

【GOLF】野村はスコアを伸ばせず8位タイに後退 上原が「68」で浮上

ISM 7月16日(土)8時51分配信

 米女子ツアーのマラソン・クラシックが現地時間15日、オハイオ州のハイランド・メドーズGCを舞台に第2ラウンドの競技を終了。野村敏京はイーブンパー71とスコアを伸ばせず、通算5アンダー8位タイに順位を下げた。

 初日に「66」をマークし、トップタイに立った野村だったが、この日は苦戦。3番パー4でバーディが先行するも、続く4番でボギーを喫すると、7番、9番でもスコアを落とし、前半を2オーバーで折り返す。後半も10番をボギースタートとしたが、14番からの4ホールで3バーディと取り返し、4バーディ、4ボギーの内容でホールアウト。トップとは3打差に後退したが、残り36ホールでの逆転を目指す。

 また、47位タイから出た上原彩子はノーボギーの3アンダー68と安定したプレーを披露し、通算3アンダー16位タイに浮上。前戦のキャンビア・ポートランド・クラシックでは、今季最高の19位タイに入っているが、決勝ラウンドでさらなる上位を目指す。一方、初日7位タイの横峯さくらは4オーバー75の通算1オーバー55位タイで予選通過を決めている。117位タイからの巻き返しを狙った宮里藍は、2オーバー73で回り、通算7オーバーで大会を後にすることとなった。

 ロレックスランキング(女子世界ランキング)No.1のリディア・コ(ニュージーランド)が5アンダー66をマークし、通算8アンダーでキム・ヒョージュ(韓)と並んでトップタイに。1打差3位タイには、アリソン・リー(米)とハナ・ジャン(韓)が並んでいる。

 今季3勝のアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)は、通算6アンダーで5位タイ。2014年以来となるツアー優勝を狙うステイシー・ルイス(米)が通算5アンダー8位タイに浮上した。全米女子オープンを制したブリタニー・ラング(米)は通算3アンダー16位タイ。今季好調のブルック・ヘンダーソン(カナダ)は1オーバー72で通算2アンダー23位タイとなっている。

最終更新:7月16日(土)11時27分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]