ここから本文です

上昇相場期待が漂う日経平均。トルコのクーデターでどう動く?

投信1 7/16(土) 13:20配信

日経平均は5日続伸、1か月ぶりに高値へ

2016年7月15日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日より111円96銭高の16,497円85銭となりました。5日続伸です。直近で終値が16,000円を超えたのは6月10日以来です。

およそ1か月ぶりに日経平均が高値になった背景には、世界的な株高傾向があります。米労働省が8日に発表した6月の雇用統計(速報値、季節調整済み)では、農業部門の就業者数は前月より28.7万人増となり、市場予想(17.5万人)を大きく上回りました。景気の減速感が後退したことから、米ダウ工業株30種平均は5日続伸し、史上最高値を更新しました。

為替相場も円安傾向となっています。15日午前には中国の国内総生産(GDP)の成長率が市場予測を上回ったことなどから、投資家がリスクを取り「安全資産」とされる円を売る動きが強まりました。ドル・円は一時、1ドル=106円台と、英国の欧州連合(EU)離脱が決まった先月24日以来の円安となりました。

ただし、その後、緊張したニュースも伝わってきました。日本時間16日5時前、トルコのユルドゥルム首相は、トルコ軍がクーデターを画策したと発表しました。これを受けたリスク回避で円を買う動きが加速し、ニューヨーク外国為替市場は1ドル=104円台まで円が上昇しました。

今後の展開はどうなるでしょうか。よい材料としては、政府の政財対策への期待があります。先日行われた参院選で連立与党が過半数を大きく上回ったことを受けて、安倍晋三首相は、10兆円を超える規模の経済対策について、月内をめどに策定するように指示しました。

英国のEU離脱によるショックは落ち着き、株高、円安傾向も続いています。

ただし、前述したような地政学リスクも高まっています。14日夜(日本時間15日5時ごろ)にはフランスのニースでトラックが群衆に突っ込むテロ事件も起きています。

いつどこで何が起こるか、予測が難しくなっています。取引およびポジション管理には十分に注意したいところです。

1/2ページ

最終更新:7/17(日) 23:30

投信1

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。