ここから本文です

新たな和製ゴジラ復活の前に歴代ゴジラ・シリーズを振り返る-前篇-

dmenu映画 7/16(土) 11:30配信

7月29日より庵野秀明総監督による『シン・ゴジラ』が全国公開される。これは国産ゴジラ・シリーズとしてはおよそ12年ぶりの、29作目にあたるもので、細かい内容などは未だにシークレットとされている。ではその全貌が明らかになるまでに、昭和から平成へと移り変わっていく時代の変遷に沿いながら、半世紀を優に超えるこれまでのゴジラ映画の歴史を振り返ってみることにしよう。

戦後の社会問題を背景に生まれたゴジラ

1954年、本多猪四郎監督、円谷英二特技監督による第1作『ゴジラ』が公開された。ビキニ環礁など戦後の核実験問題を背景に、大量の放射能を浴びた生物が巨大怪獣ゴジラとなって東京に上陸し、かつての戦争の惨禍を彷彿させる多大な被害をもたらしていく。これは、科学に対する人間の叡智を問いかけ、文明批判と平和への祈りをスペクタクル性の中から巧みに訴え得た優れたエンタテインメント映画として大きな話題を集めた。

この大ヒットにより、翌55年、第2のゴジラが大阪を襲う『ゴジラの逆襲』(小田基義監督)が製作された。ここでは敵怪獣アンギラスが登場し、怪獣バトル映画としての側面が強調され、後のシリーズの基幹ともなっていく。

それからしばらく間を置き(この間の56年、アメリカで第1作を再編集&追加撮影を施した『怪獣王ゴジラ』が日本でも公開されている)、62年に東宝創立30周年記念映画として再び本多監督が登板し、アメリカからキングコングを招いて第3作『キングコング対ゴジラ』が製作された。観客動員1120万人というシリーズ歴代最高記録を保持する人気作として屹立。

怪獣バトルで人気を不動のものとし、ファミリー映画路線へ

第4作『モスラ対ゴジラ』(64/本多監督)はインファント島の守護神である巨大蛾を描いた『モスラ』(61/本多監督)の続編でもあり、日本に漂着したモスラの卵をめぐって、モスラとゴジラの熾烈な攻防が展開される。ここでのゴジラは完全なる悪役怪獣のイメージで貫かれているのが異色だ。第5作『三大怪獣 地球最大の決戦』(64/本多監督)では宇宙怪獣キングギドラの登場に伴い、ゴジラも徐々に善玉化?! また第6作『怪獣大戦争』(65/本多監督)では何と怪獣たちが宇宙へ行くなど、当初の文明批判的な視点は薄れ、SF怪獣バトル映画の色合いをどんどん強めていく。

第7作『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(66)と第8作『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(67)は監督が東宝アクション映画の雄・福田純監督にバトンタッチされてアクション色を強調。また後者は、ゴジラの子どもミニラが登場することで、ファミリー映画としての側面も大いに加味されていった。

こうした流れの中、東宝映画に登場してきた歴代怪獣を一挙集結させてシリーズ集大成をはかったのが第9作『怪獣総進撃』(68/本多監督)だ。翌69年の第10作『ゴジラ ミニラ ガバラ オール怪獣大進撃』(69/本多監督)は、子どもの夢の中で怪獣たちが大暴れするというキッズ映画へ変貌。

1/2ページ

最終更新:7/16(土) 11:30

dmenu映画

なぜ今? 首相主導の働き方改革