ここから本文です

有料動画閲覧で架空請求詐欺 電子ギフト券12万円

佐賀新聞 7月16日(土)12時42分配信

 佐賀県警小城署は15日、多久市内の30代の看護師女性がインターネットでの買い物の支払いに使うプリペイド型電子ギフト券を12万円分購入させられ、だまし取られる架空請求詐欺事件が発生した、と発表した。

 同署によると、同日午前11時ごろ、女性の携帯電話に「有料動画の閲覧で未納が発生し、連絡がないと法的手続きに移行する」などのメールが送られてきた。記載された電話番号に連絡すると、男が「未納料が12万円ある。コンビニで電子ギフト券を購入し、券の番号を教えてほしい」と要求し、指示通りにした。その後、家族に相談して詐欺に気付き、同署に届け出た。

最終更新:7月16日(土)12時42分

佐賀新聞