ここから本文です

ターキッシュ エアラインズ、トルコへの日本発着便を17日から通常通り再開

トラベルボイス 7月16日(土)19時37分配信

2016年7月15日(現地時間)にトルコで発生した軍部の蜂起による影響で、航空便をキャンセルしていたターキッシュ エアラインズ(トルコ航空)は、明日17日以降の日本発着便を通常通り運行することを決めた。同社はアタチュルク国際空港の運営再開に伴うものとして、成田発、関空発の日本発着全4便を通常のダイヤで運行するものとしている。

7月16日の日本発着便については、全便を欠航。15日に日本(成田、関空)を出発したTK53便とTK47便は、到着空港をアタチュルク国際空港からアンタルヤ国際空港に変更して、無事に到着したことが確認されている。

同社では、乗客・乗員の安全確保を最優先し現地の状況や運行状況を随時告知していくとしている。また、予約済みの旅客に対しては空港に向かう前に運航の最新状況をウェブサイトやコールセンターで確認することを呼び掛けている。

なお、欠航便の航空券は、すべて無償にてキャンセル・変更の対応を行う。連絡先と最新の運行情報については以下のとおり。

イスタンブールコールセンター:010-90 212 444 0849 (24時間営業、英語での対応)
7月19日以降の問合わせ 東京コールセンター:03-3435-0421(平日のみ 9:30-17:00)

トラベルボイス編集部

最終更新:7月16日(土)19時37分

トラベルボイス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]