ここから本文です

マネジャー姉妹対戦が実現! 「170校もあるのに、まさか当たるとは」 結果は…?<高校野球千葉大会>

千葉日報オンライン 7/16(土) 10:46配信

 マネジャー姉妹の対戦が実現した。ベンチで記録員を務めた長生3年の姉、佐藤茜さん(17)と、姉の姿に憧れてマネジャーになった幕張総合1年の妹、葵さん(15)。最後の夏を終えた姉は「私のように最高の思い出を作って」と妹に思いを託した。

 「170校もあるのに、まさか当たるとは思わなかった」。対戦が決まり、驚きを隠せなかった姉妹。「当たるね」「お願いします」。少し複雑な気持ちが交錯した。

 妹の葵さんは中学時代、長生の試合で見た姉の一生懸命な姿に感動し、マネジャーになった。スコアの付け方を教えてもらい、その日の試合や練習の内容が共通の話題になった。

 練習試合の結果をそれとなく聞くことはあったが、それほど情報交換をせずにこの日を迎えた2人。妹はスタンドから声援を送り、姉はヒットの記録を付ける時に使う赤ペンを握りしめ、最後まで逆転を祈り続けた。

 流れる涙に帽子で顔を覆い、妹の学校の校歌を聞いた茜さん。球場を去る姉の思いを受け継いだ葵さんは「お姉ちゃんのように部員に尽くせるマネジャーになりたい」と誓った。

最終更新:7/16(土) 15:40

千葉日報オンライン