ここから本文です

第1シードのコールシュライバーが敗退 [ハンブルク/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月16日(土)15時0分配信

 ドイツ・ハンブルクで開催されている「ドイツ・テニス選手権」(7月11~17日/賞金総額138万8830ユーロ/クレーコート)の準々決勝で、レンツォ・オリーボ(アルゼンチン)が第1シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)を1-6 6-0 7-5で下した。オリーボは第3セットの第9ゲーム、コールシュライバーが5-3とリードして迎えたサービング・フォー・ザ・マッチで2つのマッチポイントをしのいで挽回勝ちに成功した。

 第3シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)はポール アンリ・マチュー(フランス)を7-6(7) 6-1で下した。この2人は2009年大会の準決勝でも対戦しており、そのときはマチューが勝っている。クエバスはマチューから12本のサービスエースを奪い、サービスからのポイント獲得率は80%だった。

 ステファン・ロベール(フランス)は第8シードのギジェルモ・ガルシア ロペス(スペイン)を7-6(4) 4-6 6-3で下した。彼の準決勝の相手は第7シードのマルティン・クーリザン(スロバキア)だ。クーリザンは準々決勝で、ダニエル・ヒメノ トラベル(スペイン)を6-4 6-3で退けた。

 オリーボはキャリア初の準決勝で、2月にリオデジャネイロとサンパウロで優勝した好調のクエバスを止めなければならない。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

クーリザン、ガルシア ロペスらが準々決勝へ [ドイツ・テニス選手権]

Photo: BUENOS AIRES, ARGENTINA - FEBRUARY 11: Renzo Olivo of Argentina takes a forehand shot during a match between David Ferrer of Spain and Renzo Olivo of Argentina as part of ATP Argentina Open at Buenos Aires Lawn Tennis Club on February 11, 2016 in Buenos Aires, Argentina. (Photo by Gabriel Rossi/LatinContent/Getty Images)

最終更新:7月16日(土)15時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]