ここから本文です

ソックがチリッチに大逆転勝利、アメリカ準決勝進出に王手<男子テニス>

tennis365.net 7月16日(土)17時1分配信

デビスカップ

男子テニスの国別対抗戦 デビスカップ準々決勝 アメリカ対クロアチアは、アメリカのオレゴン州ポートランドで15日から行われ、J・ソック(アメリカ)らの活躍でアメリカが2勝0敗で初日を終えた。

錦織 ソックとの対戦忘れる

シングルス1でソックはM・チリッチ(クロアチア)と対戦。第1・第2セットを奪われる劣勢から4-6, 3-6, 6-3, 6-4, 6-4の逆転で下した。シングルス2ではJ・イズナー(アメリカ)がB・チョリッチ(クロアチア)を6-4, 6-4, 6-3のストレートで破り、アメリカが2連勝を飾った。

アメリカは16日に予定しているダブルスでB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組がI・ドディグ(クロアチア)/ M・ドラガニア組に勝利すると、最終日を待たずに勝利が決まる。最終日の17日はリバース・シングルスが予定されている。

アメリカとクロアチアの勝者は9月に行われる準決勝へ進み、チェコ共和国とフランスのどちらかと対戦する。勝利まであと1勝と迫ったアメリカは、2012年以来の準決勝進出を目指す。

これまでアメリカはデビスカップの歴史で2勝0敗とリードした対戦では157勝3敗と高い勝率を誇る。最後の敗戦は1994年のスウェーデンとの対戦にまでさかのぼる。

元世界1位のダブルス・ペアであるブライアン兄弟は、これまでのデビスカップの成績は10勝4敗。

この日、23歳のソックは、幸先の良いスタートを切った。第1・第2セット連取されたが、その後アメリカ・チームのJ・クーリア(アメリカ)監督からのアドバイスを受けて反撃を始めた。

「第2セットは何度もチャンスを掴んでいたけど、それを活かすことが出来なかった。ファースト・サービスとリターンで、より正しい判断をすれば良いだけだった」とソックは反撃をするきっかけを振り返っていた。

クーリア監督は2週間前に行われたウィンブルドンの準々決勝で、27歳のチリッチがR・フェデラー(スイス)にセットカウント2-0とリードしながらの敗戦に、精神的にトラウマになっているかもしれないと話し「そして、ジャック(ソック)がその後も気落ちしないように、餌を与えていた」は冗談を交えて語った。

2014年の全米オープン・チャンピオンであるチリッチは、ソックへ流れが傾いたと言うより、ソックが自身のプレーを単に向上させたと述べた。

「ジャックは良いサービスを打ち始めていた。リターン・ゲームでは、ほとんどチャンスをくれなかった」とチリッチ。

ソックはファイナルセットの第9ゲームをブレークすると、最後は自身のサービスゲームをラブゲームでキープし、3時間13分で勝利を決めた。

「確実に忘れられない試合になる。あまり5セットマッチを戦わないし、2セット奪われてからの逆転は初めてだった。それを地元の観客の前で達成出来たことは特別」と今回の勝利について話した。

来月行われるリオ・オリンピックにもアメリカ代表として選出されているソックは「子供の頃から、オリンピックに出場することが夢の1つだった。その舞台に立てることに興奮しているし、そこで良いプレーが出来たらと願っている」と意気込みを語っていた。

このソックの勢いを引き継いでイズナーは19歳のチョリッチをストレートで退けた。

「ジャックは多大なエネルギーを持って勝ってくれた。それは大きな助けになった。プレッシャーもなくしてくれた。自分の試合に関係なく、アメリカは勝利へ向かっている。ジャックのおかげで良い結果が出せた」とイズナーはソックの活躍を称賛していた。

チョリッチは「第1・第2セットで掴んだチャンスを活かすことが出来なかった。彼(イズナー)のサービスをブレークするチャンスを握りながらも、良いプレーが出来なかった」と振り返った。

地元のデビスカップ開催が2014年以来のアメリカ。その時はサンディエゴでイギリスを迎えたが1回戦で敗退した。ポートランドでデビスカップを行うのは、これが4回目。

アメリカは最後に優勝したのは2007年で、その時の決勝戦もポートランドで行われ、ロシアを4-1で下していた。一方のクロアチアは、2005年に唯一の優勝を飾っている。

アメリカはデビスカップ史上最多32度の優勝を飾っているが、1995年以降は2007年に一度しか優勝していない。

もしアメリカが16日のダブルスに勝ってアメリカの勝利が決まると、17日に行われるリバース・シングルスは3セットマッチと短縮して行われる。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:7月16日(土)17時1分

tennis365.net