ここから本文です

全仏ジュニア優勝のマサロバが快進撃で8強 [グスタード/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月16日(土)17時0分配信

 スイス・グスタードで開催されている「グスタード女子選手権」(WTAインターナショナル/7月11~17日/賞金総額25万ドル/クレーコート)の2回戦で、全仏ジュニア優勝のレベッカ・マサロバ(スイス)が、初めてのWTAツアーで準々決勝進出を果たした。

 世界ランキング797位で16歳のマサロバは金曜日に行われた2回戦で、92位で20歳のアネット・コンタベイト(エストニア)を7-6(2) 4-6 6-2で退けた。

 マサロバは木曜日の1回戦でWTAツアー・デビューを飾り、元世界1位のエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)をフルセットの末に下すという快挙で大会をスタートさせていた。

 土曜日に行われる準々決勝で、マサロバは第5シードのアニカ・ベック(ドイツ)と対戦する。

スイスのマサロバがトップ2シードを連破して優勝 [全仏オープン・ジュニア]

 ベックは雨の影響を受けたこのクレーの大会で、金曜日に一日に2試合を消化することを強いられた。1回戦でマリーナ・エラコビッチ(ニュージーランド)を3-6 6-2 7-5で、2回戦ではカテリーナ・シニアコバ(チェコ)を6-2 6-1で下している。

 世界17位で第1シードのティメア・バシンスキー(スイス)は予選勝者のマンディ・ミネラ(ルクセンブルク)を6-2 6-2で破り、2回戦をプレーするための2日の待機をやっと終わらせた。バシンスキーは次の準々決勝で、第6シードのヨハンナ・ラーション(スウェーデン)と対戦する。ラーションは2回戦で予選勝者のアムラ・サディコビッチ(スイス)を6-3 6-4で下しての勝ち上がり。

 第3シードのキキ・バーテンズ(オランダ)もまた、この日は2試合に勝った。1回戦でタミラ・パシェック(オーストリア)を5-7 6-2 6-4で、2回戦では予選勝者のクレア・フュアーステイン(フランス)を7-6(9) 6-1で破っている。

 第4シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)は1回戦でララ・アロアバレーナ(スペイン)に7-6(5) 1-6 4-6で敗れた。アロアバレーナはその後2回戦を戦い、カリナ・ビットヘフト(ドイツに)1-6 6-7(7)で敗れている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: PARIS, FRANCE - JUNE 05: Rebeka Masarova of Switzerland serves during the Girls Singles final match against Amanda Anisimova of the United States on day fifteen of the 2016 French Open at Roland Garros on June 5, 2016 in Paris, France. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:7月16日(土)17時0分

THE TENNIS DAILY